聖文新社
理数辞典、その他事典 専門書 一般書(教養・学習)
新刊・近刊案内
高校用学習参考書(数学/英語/国語・小論文) 高校用学習参考書(物理・化学/日本史・世界史・地理)
ご注文の方法
中学高校用(英語・数学)補助教材 全国大学数学入試問題詳解シリーズ
既刊書リスト 中学高校用(英語・数学)補助教材

高校 英語テキスト [ 基礎力完成編 ]
( 文法・構文・作文・解釈 )

――大学入試・センター試験対策――

B5 判 〔 解答別冊 〕
128 - 48 頁
定価 本体 905 円 ( 税別 )
ISBN 978-4-7922-3583-3

カートのなかみを見る
書籍表紙
 学習のポイントを押さえながら,基礎的な入試問題による実戦練習で,   運用力が確実に身につく。センター試験には完璧に対応する。
本文頁

本文頁
[本書の特長Q&A]

Q1 この本はどんな人に適しているの?
A1そろそろ大学入試のための勉強を開始したいけれど、どこから始めればいいのかわからないという人、 学校で一通り英文法を習ったけれど、理解できているのかいないのか自分でもわからないという人、 大学入試では何をどこまでやっておけば大丈夫なのか知りたいという人などに適しているよ。 勉強が進んでいる人は、高校2年生から使うのもいいね。
Q2 ほかの問題集とどこが違うの?
A2 ふつうの問題集は、一応勉強したあとで使うように作られているんだ。 学力のないまま使っても、効果はあまり期待できない。本書は学力を身につけるために作られた学習書なんだ。 つまり、本書を使って受験勉強を始めるわけだ。「テキスト」と名づけたのも、そういう意味だよ。
Q3 では、学力が身につくためにどんな工夫がしてあるの?
A3 文法単元ごとに知っておかなければならない大切な事柄を、一つずつ「ポイント」として掲示している。 これで何を理解し覚えればよいかがわかるね。次に入試問題の中から選んだ例題を載せてある。 これにより、それぞれのポイントが実際の入試でどのように問われるかが理解できる。理解したあとは定着だ。 運用力・応用力が確実に身につくように、さまざまな形式の問題を豊富に集めてある。 問題はすべて短大・四年制大学の入試問題から精選されたものなので、即戦力が養成できるわけだ。
Q4 最近の入試は長文読解問題が中心だと聞きました。
文法はやってもあまり意味がないのでは?
A4 英文を解釈する力はとても大切だ。 英文は単語の意味をつなぎ合わせてなんとなく想像して読んでいるだけでは、いつまでたっても正しい解釈力は身につかないよ。 英語の文の決まりごとを集めたものが文法だ。文法と関係のないところに英文が存在しているわけではない。 文法の勉強は同時に英文解釈の勉強にもなっているんだね。実際、本書で取り上げた構文は英文解釈上も大切な構文をたくさん含んでいるよ。
ただ、英語の文章をたくさん読むことはいいことだし、必要でもある。長文を読むことに関しては、別に対策を講じる必要がある。 要は、文法は不要だという考えが大きな思い違いだということだ。どちらも大切なんだ。
Q5 センター試験のことで頭がいっぱい。
センター試験対策はこのテキストで大丈夫なの?
A5 センター試験は高校で習ったことがちゃんと理解できているかを調べる試験だから、 もちろん本書で勉強していれば大丈夫。それどころか、おつりがくるはずだ。センター試験恐れるに足らず! キミたちの中にはセンター試験形式の問題を解くことがセンター試験対策だと勘違いしている人がたまにいるけど、大切なのは内容。 形式に慣れるだけで高得点が得られるわけはない。
試験日が近づいてきたら、本書のポイント例 題を見直そう。はじめからもう一度この部分を見直すことでポイントの再確認ができ、 記憶もいっそう確かなものになるはずだ。
本書を終了し、さらに上のレベルを目指す人は
(C)Copyright 2004, SEIBUNSHINSHA Publishing Co.,Ltd All Rights Reserved.
info@seibunshinsha.co.jp