聖文新社
理数辞典、その他事典 専門書 一般書(教養・学習)
新刊・近刊案内
高校用学習参考書(数学/英語/国語・小論文) 高校用学習参考書(物理・化学/日本史・世界史・地理)
ご注文の方法
中学高校用(英語・数学)補助教材 全国大学数学入試問題詳解シリーズ
既刊書リスト 一般書

誤訳の常識

中原 道喜 著
四六 判 216 頁
定価 本体 1,600 円 ( 税別 )
ISBN 978-4-7922-1710-5

カートのなかみを見る
書籍表紙

『 誤訳の構造 』 『 誤訳の典型 』 に続く 完結編

● どこから読んでも 英語の 「 核 」 に触れ, 楽しみながら学べる.
● 翻訳で大切な役割を果たす 「 オノマトペ 」 を, 「 英 ⇔ 和 」 の
翻訳例で実証. これも本書のユニークな特長.

本文頁

本文頁
[目次]
   
Part 1 誤訳の点描 ―― 珍訳のユーモア, 独創訳の妙味 
          派手なスーツに身を包み/ むき出しのベッドに腰を下ろし/ 表情を一変させた
          大西洋を越える行列/ 一瞬, 激しくもどす/ 彼女とはいつもより遅く寝る
          タンクが道を転がり落ちる/ 変態的な作曲家?/ 恐ろしくて, わからない
          眼鏡ごしに見上げる/ 雨の中で, 彼女の心は大声で歌う
          木に登れば, わめいて気が狂う/ どんなことも嬉しいような悲しいような
          毒々しいフルーツ ・ プディング/ 睥睨するばかりか, 歯を剥きだす
          彼は呑んだくれになれるか/ 心のどこかに不安が
          手袋をはめた冷たい手ではなをかむ/ とやかく言う筋合いではない
          やめて, 速すぎるわ

Part 2 翻訳 ・ 誤訳の今昔 ―― 初期の辞書から同時通訳まで
          〔1〕 初期の英和辞典に見られる “ 苦心訳 ”         
          〔2〕 訳語の変還
          〔3〕 新語の訳語
          〔4〕 国際関係に影響を及ぼした誤訳

Part 3 誤訳の姿態 ―― さまざまな形の原文離れ
          誤植に類した誤り/ 誤植か誤訳か/ ぽか/ でたらめ訳/ 語義の取り違え
          訳し落とし/ 水増し訳/ 複合誤訳/ 卑俗な表現/ 化ける引用文
          地の文が会話文に変身/ 固有名詞と冠詞の落とし穴

Part 4 誤訳の類別 ―― 各種の誤訳の分類 ・ 解説
          名詞/ 代名詞/ 動詞/ 形容詞/ 冠詞/ 助動詞/ 副詞/ 前置詞/ 接続詞/ 否定
          比較/ 仮定法/ 不定詞/ 分詞/ 動名詞/ 関係代名詞/ 疑問文/ 強調構文
          文の種類/ 慣用表現/ 挿入/ 共通構文/ 構文/ オノマトペ

Part 5 オノマトペ ( 擬音語 ・ 擬態語 ) ―― 日本語の特技, 翻訳の妙味
          〔1〕 英 → 和 の訳で オノマトペ が多用される語
          〔2〕 翻訳と オノマトペ
             オノマトペが訳文で効果的に用いられた例
             同一の英文を異なる訳者が訳した例
             オノマトペ訳がよく用いられる典型的な語の翻訳例
             日本語の作品で用いられたオノマトペとその翻訳例
          〔3〕 詩歌と オノマトペ

著者「はしがき」より

 Translators, traitors.   ( 翻訳者は裏切り者 )

 これは イタリア 語のことわざの英訳である.

 「 裏切り 」 にも さまざまな種類と程度 があるが,
たとえば, 原文の味わいを伝ええない “ 直訳 ” や, 原文への忠実さを欠く “ 意訳 ” も,
このことわざのいう 裏切りに含まれることになるのだろう.

 しかし, “ 直訳 ” も “ 意訳 ” も, 『 表現 』 の仕方の問題であって,
ふつうは 「 正訳 」 か 「 誤訳 」 かを区別する要素にはなりえない.

 「 誤訳 」 とは, 原文の 『 解釈 』 を誤ることから生じる 訳文である.



 本書は, 前著 『 誤訳の構造 』 および 『 誤訳の典型 』 と同じく,
“ あら探し ” から最も遠い立場に立ち, 「 人の常 」 である誤りから できるだけ多くを,
楽しく, 興味深く学ぶことを 編述の目的としている.

多様な誤りの ユニーク な独創性に感心したり, 珍重すべき奇抜さ を愛でたりしながら,
誤訳の妙味 を味わい, 言葉の ユーモア を楽しみつつ,
英語に対する 多角的な理解を深め, 広げる ことになる.



 本書の大きな特長の一つは, 日本語で独特の貴重な役割を果たし,
文学作品などでも幅広く愛用され, 翻訳とも大切なかかわりをもつ
「 オノマトペ 」 ( 擬音語 ・ 擬態語 ) の項を 設けたことである. 大別して,

( a ) 英語の作品の “ 和訳 ” において
――どのような英語の語句・表現に対して,どんなオノマトペを用いて訳文がつくられているか.

( b ) 日本語の作品の “ 英訳 ” において
――日本語独特の オノマトペ のそれぞれの意味合いや ニュアンス が,
    どのように工夫して英語で表現されているか.

などを, 具体的に例示した.

(C)Copyright 2004, SEIBUNSHINSHA Publishing Co.,Ltd All Rights Reserved.
info@seibunshinsha.co.jp