聖文新社


理数辞典、その他事典 専門書 一般書(教養・学習)
新刊・近刊案内
高校用学習参考書(数学/英語/国語・小論文) 高校用学習参考書(物理・化学/日本史・世界史・地理)

ご注文の方法
中学高校用(英語・数学)補助教材 全国大学数学入試問題詳解シリーズ


既刊書リスト 全国大学数学入試問題詳解シリーズ

 新訂
早稲田大学(理工学部・教育学部)
 数学入試問題30年 
    1988 〜 2017 ( 昭和63年 〜 平成29年 )


聖文新社 編
B5 判 208 頁
定価 本体 2,500 円 ( 税別 )
ISBN 978-4-7922-1147-9
カートのなかみを見る
書籍表紙
  理工・教育学部の入試問題350題をすべて収録
30年に亘る早大入試問題の変遷と特徴が浮き彫りに!

●年度別問題編   ●項目別解答編
「はしがき」より
 
 本書は, 昭和63年 (1988年) から平成29年 (2017年) までの30年間に実施された 早稲田大学・理工学部 (平成19年に基幹理工・創造理工・先進理工学部に改組) と教育学部・理学科 の数学入試問題 350 題 をすべて収録したもの である.


 全体は, 「年度別問題編」 と 「項目別解答編」 の 2部構成で,
 「年度別問題編」 は学部毎 昭和63年から年度順に収録してある.

 「項目別解答編」 は, 平成27年度から実施された現行課程入試に準拠した
数学 T , 数学 A , 数学 U , 数学 B , 数学 V
に即して分類 ・ 整理してあり,  旧課程の 「行列とその応用」 については最終節にまとめた.


 理工学部の問題は 「きわめてオーソドックスかつ素直であり, 大学生として真っ当な数学力があるかどうかを判定するに相応しいものばかり」 である.
最近の10年間を見てもその傾向にほとんど変化はなく, その難度も大きく変化していない.

それに対して, 教育学部・理学科の問題はこの10年で確実に難化していて,
「こんな問題が?」 というものも何題かある.

おそらく多くの受験生は受験会場で少なからぬ衝撃を受け, 何をどのようにしてよいのか まごついたに違いないが, 今後はこの種の問題が増えていくにちがいない.
もちろん, 教育学部で, この種の問題ばかりが出題されているわけではなく, むしろ, 受験勉強においては一度は必ずやっておきたい きわめてスタンダードな問題も多く見られる.

いずれにせよ教育学部・理学科の問題の動向には今後も目が離せない. 教育学部志望者は,心して受験勉強していただきたい.



 ともあれ, “私学の雄” 早大数学を通して多くの受験生が真っ当な学力を身につけてくれることを願ってやまない. 本書はそのために多いに役立つにちがいない.

[本書の構成と編集方針]

  ◇項目 ・ 分類は,数学入試問題詳解の巻末索引をベースに
 ◇分類は問題文の表面に現れている内容で
 ◇問題 ・ 解答の配列は教科書に現れる順に,易から難へ
 ◇用語 ・ 表記は出題時のままに
 ◇各問題の末尾に出題年度を表示

(C)Copyright 2004, SEIBUNSHINSHA Publishing Co.,Ltd All Rights Reserved.
info@seibunshinsha.co.jp