聖文新社
理数辞典、その他事典 専門書 一般書(教養・学習)
新刊・近刊案内
高校用学習参考書(数学/英語/国語・小論文) 高校用学習参考書(物理・化学/日本史・世界史・地理)
ご注文の方法
中学高校用(英語・数学)補助教材 全国大学数学入試問題詳解シリーズ
既刊書リスト 全国大学数学入試問題詳解シリーズ

「全国大学数学入試問題詳解」 創刊50年記念

東北大学 数学入試問題50年 
    1956〜2005 (昭和31年〜平成17年)


聖文新社 編
B5 判 288 頁
定価 本体 2,800 円 ( 税別 )
ISBN 978-4-7922-1046-5
カートのなかみを見る
書籍表紙

  理系・文系の入試問題 575 題をすべて収録
50年に亘る東北大入試問題の変遷と特徴が浮き彫りに!

●年度別問題編   ●項目別解答編
「はしがき」より
 
 本書は,昭和31年 (1956年) から平成17年 (2005年) までの
50年間に実施された東北大の数学入試問題 575 題をすべて収録したもの
である。 ただし,新指導要領による入試試行年の旧指導要領対応問題の解答は省略した。



 全体は 「年度別問題編」 と 「項目別解答編」 の 2部構成で,
「年度別問題編」 は昭和31年から年度順に配列してあり,

「項目別解答編」 では指導要領の変遷による各年代の入試出題範囲を包括した
弊社独自の高校数学の体系的項目立てを採用して問題を分類・整理した。



 筆者は東北大といえば,数列や微分積分のいわゆる 「解析系」 の問題が多いが,
全体としては分野に偏りのないバランスのとれた入試問題という漠然とした印象を持っていた。

しかし今回本書のような形で問題を分類整理してみて,まず第 4 部の 「解析編」 の問題が
圧倒的に多く,半数近くを占めていることに正直驚いている。

 とは言え,第 4 部の問題のうち,約 4 割弱は第 16 章の 「整関数の微分 ・ 積分」
が占めており,これは文系学部ではほぼ例外なく毎年 「整関数の微積分」 から出題
されていることを意味している。


 こうして,多少きめ細かく見ていくと,やはり,
 東北大の問題はバランスのとれたオーソドックスな問題で構成されている
といってもいいだろう。ほとんどの分野からバランスよく出題されていることが分かる。



 東北大の問題は,易しくはないが基礎力を確認するのに最適なものが実に多い。
本書を通覧してもらえれば納得できるであろう。

 ほんとうの基礎力養成のために本書が大いに活用されれば,幸甚である。
       
[本書の構成と編集方針]

 ◇項目・分類は,高校数学の体系的な項目立てを採用
 ◇分類は,問題文に現れている内容で,問題の配列は易から難へ
 ◇用語・表記は出題時のままに
 ◇各問題の末尾に,出題年度・志望を表示

『数学入試問題50年』シリーズ

(C)Copyright 2004, SEIBUNSHINSHA Publishing Co.,Ltd All Rights Reserved.
info@seibunshinsha.co.jp